東北大学大学院生命科学研究科回路脳機能分野
兼・東北大学大学院医学系研究科回路脳機能分野

メンバーページ

松井 広

Ko Matsui

氏名:松井 広(まつい こう, Ko Matsui)
現職:教授
所属:東北大学大学院生命科学研究科・超回路脳機能分野
    (大学院医学系研究科・超回路脳機能分野 兼担)
専門:脳細胞生理学
連絡:matsui*med.tohoku.ac.jp (「*」を「@」に変換してください)

学歴:

1992年03月 学習院高等科卒業
1992年04月 東京大学理科II類入学
1996年03月 東京大学文学部心理学科卒業
1996年04月 東京大学大学院人文社会系研究科心理学修士課程入学
1998年03月 同修士課程修了、修士(心理学):指導教官、立花政夫
1998年04月 同博士課程進学
2001年03月 同博士課程修了、博士(心理学):指導教官、立花政夫

職歴:

1998年04月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2001年04月 米国ヴォラム研究所ポスドク研究員着任:Craig Jahr研究室
2001年04月 日本学術振興会海外特別研究員
2003年04月 上原記念生命科学財団リサーチフェローシップ
2006年02月 生理学研究所脳形態解析研究部門助教着任:重本隆一研究室
2007年10月 科学技術振興機構さきがけ研究員兼任(中西重忠総括)
2013年01月 東北大学大学院医学系研究科新医学領域創生分野准教授
         (テニュアトラックメンター:大隅典子)
2017年04月 東北大学大学院生命科学研究科超回路脳機能分野教授
現在に至る

一言:

これまで、大学時代は東京大学文学部心理学科、ポスドク時代は電気生理学のメッカと言われるヴォラム研究所、助教時代は生理学研究所と過ごしてきて、東北大学医学部に准教授、その後、東北大学生命科学研究科に教授として着任しました。文系・理系問わず、多彩な研究経験を経て、心理学や行動学、電気生理学、微細形態学、光遺伝学等、脳をあらゆる方向から調べ上げるための技術と知識を身に着けてきました。脳を構成する神経細胞やグリア細胞の間で、どのように情報の受け渡しが行われているのか、また、ひとつひとつの細胞間の信号伝達過程が、脳全体のシステムとしての特性にどのように波及していくのかを追究していきたいと考えております。


委員:

日本生理学会評議員

現時点で公開可能なもの・・・

科学研究費助成事業(科研費):
  平成26年度 第一段階審査(書面審査)委員
    神経科学 神経生理学・神経科学一般 6201
  平成27年度 第一段階審査(書面審査)委員
    神経科学 神経生理学・神経科学一般 6201
日本学術振興会:
  平成29年度 特別研究員等審査委員会専門委員(書面担当)
  審査会専門委員表彰

日本学術振興会ホームページ


ウェブ:

研究室ウェブサイト(松井広)
生命科学研究科内(松井広)
東北大学脳科学センター内(松井広)
ResearchGate (Ko Matsui)
researchmap (松井広)
KAKEN 科学研究費助成事業データベース(松井広)
Neurotree (Ko Matsui)