東北大学大学院生命科学研究科回路脳機能分野
兼・東北大学大学院医学系研究科回路脳機能分野

研究者紹介

現メンバー(主要所在地:片平キャンパス)

職位氏名連絡先詳細
教授松井 広
Ko Matsui
matsui*
med.tohoku.ac.jp
学振
PD
森澤 陽介
Yosuke Morizawa
米国長期出張中
学術研究員生駒 葉子
Yoko Ikoma
片平キャンパス
博士課程
3年(生)
小野寺 麻理子
Mariko Onodera
片平キャンパス
博士課程
3年(医)
金谷 哲平
Teppei Kanaya
片平キャンパス
博士課程
1年(医)
荒木 峻
Shun Araki
片平キャンパス
博士課程
1年(生)
佐々木 大地
Daichi Sasaki
片平キャンパス
修士課程
1月(生)
古川 孝太
Kota Furukawa
片平キャンパス
修士課程
1月(生)
山尾 啓熙
Hiroki Yamao
片平キャンパス
理学部
4年
伊東 諒
Ryo Ito
東北大学理学部物理学科
客員研究者井樋 慶一
Keiichi Itoi
東北福祉大学本務
主に東北大・星陵キャンパス

= 事務 =

事務補佐
/秘書
畠山 由紀子
Yukiko Hatakeyama
片平キャンパス

(「*」を「@」に変換してください)


東北大学・関連メンバー/研究者

東北大学の当研究室に所属し、現在、片平キャンパスの当研究室所在地を主な研究の場としていないメンバー(旧メンバー含む)、および、東北大学の他研究室に現在所属、もしくは、かつて所属していた研究者のうち、当研究室と研究交流のある研究者の一覧(順不同)。研究交流のある現役教授研究室は、左のリンクページにも記載。

職位氏名アドレス詳細
関連
Ex
研究者
Members
-




恩師/これまでの主な論文共著者

職位氏名関係所属
教授立花 政夫Masao Tachibana

1996-.松井の大学院指導教官。網膜研究を中心に、電気生理学・脳研究の基礎を教えていただく。

東京大学・文
心理学研究室
Senior ScientistCraig Jahr

2001-.松井の5年間のポスドク留学先。恩師の元、パッチクランプ技術の粋を学び、異所放出現象を発見。

Vollum Institute
OHSU
教授重本 隆一Ryuichi Shigemoto

2006-.松井の生理研在籍時の上長。恩師の元、助教として勤め、電顕微細形態学と生理学との融合を図る。

IST
Austria
教授坂場 武史Takeshi Sakaba

1996-.東大立花研在籍時の先輩。電気生理学とシナプス研究の基礎を教わる。

同志社大・脳
シナプス分子機能
講師細井 延武Nobutake Hosoi

1998-.東大立花研在籍時、共に、網膜スライス標本からのシナプス前後細胞同時記録などを成し遂げる。

群馬大学・医
脳神経再生医学分野
Associate ProfessorMaria Rubio

2005-.Craig Jahr研在籍時、神経グリア間情報伝達過程を調べる際に電顕解析を担当。

Univ. Pittsburgh
Auditory Research Group
教授深澤 有吾
Yugo Fukazawa

2006-.生理研重本研在籍時、形態学・免疫組織化学の奥行を教えていただく。異分野間融合の共著多数。

福井大学・医
組織細胞形態学・神経科学
EM Manager釜澤 尚美Naomi Kamasawa

2007-.生理研重本研在籍時、凍結割断レプリカのエキスパートとして、微細形態学の美しさを教えていただく。

Max Planck
Florida Institute
准教授田中 謙二
Kenji F. Tanaka

2008-.生理研在籍時、分子と生理のまさかの出会いでKENGE-tet確立。オプトを武器に心に迫る。

慶應大学・医
情動の制御と治療学研究寄附講座
教授山中 章弘Akihiro Yamanaka

2008-.生理研在籍時。光操作技術をいち早くin vivoに持ち込んだ研究を展開。最新技術を教わる。

名古屋大・環境医学
神経系分野II
教授八尾 寛Hiromu Yawo

2017-.東北大医学在籍時・生命移籍時ともに旧八尾研を継ぐ。シナプス研究/光遺伝学創始者に学ぶ。

東京大・物性研究所
井上研究室
職(当時)氏名研究内容(当時)直後異動先
2008-2013
博士課程
Timotheus Budisantoso

凍結割断レプリカ標識によるAMPA受容体配置解析。微細形態が神経信号伝達にもたらすインパクト解明。

慶應義塾大学
柚崎通介
ポスドク
2011-2013
ポスドク
佐々木 拓哉Takuya Sasaki

KENGE-tetシステム確立。グリア光操作法を用いてグリアから神経へと至る信号伝達過程を調べる。

UCSD
Leutgeb lab
海外学振
2011-2017
博士・PD
別府 薫  .
Kaoru Beppu

グリア細胞光遺伝学の開拓。脳虚血にともなう興奮性神経毒性のメカニズム解明。

UCL
Hausser lab
海外学振
2013-2017
博士課程
下田 由輝
Yoshiteru Shimoda

医師。オプト-てんかん研究の開拓。博士号取得後に海外留学。

UCL
Kullmann lab
海外留学