IMS-Neuroscience Top

東北大学大学院生命科学研究科回路脳機能分野
兼・東北大学大学院医学系研究科回路脳機能分野

原著論文

  1. Beppu K, Kubo N, Matsui K* (2021) Glial amplification of synaptic signals.
    Journal of Physiology, in press
    DOI: https://doi.org/10.1113/JP280857


  2. Onodera M, Meyer J, Furukawa K, Hiraoka Y, Aida T, Tanaka K, Tanaka KF, Rose CR, Matsui K* (2021) Exacerbation of epilepsy by astrocyte alkalization and gap junction uncoupling.
    Journal of Neuroscience, in press
    DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.2365-20.2020


  3. Natsubori A, Tsunematsu T, Karashima A, Imamura H, Kabe N, Trevisiol A, Hirrlinger J, Kodama T, Sanagi T, Masamoto K, Takata N, Nave KA, Matsui K, Tanaka KF, Honda M (2020) Intracellular ATP levels in mouse cortical excitatory neurons varies with sleep–wake states.
    Communications Biology, 3, 491.

  4. Takata N, Sugiura Y, Yoshida K, Koizumi M, Hiroshi N, Honda K, Yano R, Komaki Y, Matsui K, Suematsu M, Mimura M, Okano H, Tanaka KF (2018) Optogenetic astrocyte activation evokes BOLD fMRI response with oxygen consumption without neuronal activity modulation.
    Glia, doi: 10.1002/glia.23454

  5. Igarashi H, Ikeda K, Onimaru H, Kaneko R, Koizumi K, Beppu K, Nishizawa K, Takahashi Y, Kato F, Matsui K, Kobayashi K, Yanagawa Y, Muramatsu S, Ishizuka T, Yawo H (2018) Targeted expression of step-function opsins in transgenic rats for optogenetic studies.
    Scientific Reports, 8: 5435.

  6. Rubio ME, Matsui K, Fukazawa Y, Kamasawa N, Harada H, Itakura M, Molnár E, Abe M, Sakimura K, Shigemoto R (2017) The number and distribution of AMPA receptor channels containing fast kinetic GluA3 and GluA4 subunits at auditory nerve synapses depend on the target cells.
    Brain Structure and Function, 222: 3375-3393.

  7. Nakamura Y, Harada H, Kamasawa N, Matsui K, Rothman JS, Shigemoto R, Silver RA, DiGregorio DA, Takahashi T (2015) Nanoscale distribution of presynaptic Ca2+ channels and its impact on vesicular release during development.
    Neuron, 85: 145–158.

  8. Masamoto K, Unekawa M, Watanabe T, Toriumi H, Takuwa H, Kawaguchi H, Kanno I, Matsui K, Tanaka KF, Tomita Y, Suzuki N (2015) Unveiling astrocytic control of cerebral blood flow with optogenetics.
    Scientific Reports, 5: 11455.

  9. Ohnishi T, Yanazawa M, Sasahara T, Kitamura Y, Hiroaki H, Fukazawa Y, Kii I, Nishiyama T, Kakita A, Takeda H, Takeuchi A, Arai Y, Ito A, Komura H, Hirao H, Satomura K, Inoue M, Muramatsu S, Matsui K, Tada M, Sato M, Saijo E, Shigemitsu Y, Sakai S, Umetsu Y, Goda N, Takino N, Takahashi H, Hagiwara M, Sawasaki T, Iwasaki G, Nakamura Y, Nabeshima Y, Teplow DB, Hoshi M (2015) Na,K-ATPaseα3 is a death target of alzheimer patient amyloid-β assembly.
    Proc Natl Acad Sci U S A, 112: E44655-E4474.

  10. Beppu K, Sasaki T, Tanaka KF, Yamanaka A, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K* (2014) Optogenetic countering of glial acidosis suppresses glial glutamate release and ischemic brain damage.
    Neuron, 81: 314–320.
    ( equal contribution, * corresponding author )

  11. Kanemaru K, Sekiya H, Xu M, Satoh K, Kitajima N, Yoshida K, Okubo Y, Sasaki T, Moritoh S, Hasuwa H, Mimura M, Horikawa K, Matsui K, Nagai T, Iino M, Tanaka KF (2014) In vivo visualization of subtle, transient, and local activity of astrocytes using an ultrasensitive Ca2+ indicator.
    Cell Reports, 8: 311-318.

  12. Budisantoso T, Harada H, Kamasawa N, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K* (2013) Evaluation of glutamate concentration transient in the synaptic cleft of the rat calyx of Held.
    Journal of Physiology, 591: 219–239.
    (* corresponding author )

  13. Indriati DW, Kamasawa N, Matsui K, Meredith AL, Watanabe M, Shigemoto R (2013) Quantitative localization of Ca(v)2.1 (P/Q-type) voltage-dependent calcium channels in Purkinje cells: somatodendritic gradient and distinct somatic coclustering with calcium-activated potassium channels.
    Journal of Neuroscience, 33: 3668–3678.

  14. Kaufmann WA, Matsui K, Jeromin A, Nerbonne J, Ferraguti F (2013) Kv4.2 potassium channels segregate to extrasynaptic domains in amygdala intercalated neurons and influence intrasynaptic NMDA receptor NR2B subunit expression.
    Brain Structure and Function, 218: 1115–1132.

  15. Sasaki T, Beppu K, Tanaka KF, Fukazawa Y, Shigemoto R, Matsui K* (2012) Application of an optogenetic byway for perturbing neuronal activity via glial photostimulation.
    Proc Natl Acad Sci U S A, 109: 20720–20725.
    ( equal contribution, * corresponding author )

  16. Tanaka KF*, Matsui K*, Sasaki T, Sano H, Sugio S, Fan K, Hen R, Nakai J, Yanagawa Y, Hasuwa H, Okabe M, Deisseroth K, Ikenaka K, Yamanaka A (2012) Expanding the repertoire of optogenetically targeted cells with an enhanced gene expression system.
    Cell Reports, 2: 397–406.
    (* equal contribution )

  17. Budisantoso T, Matsui K*, Kamasawa N, Fukazawa Y, Shigemoto R (2012) Mechanisms underlying signal filtering at a multi-synapse contact.
    Journal of Neuroscience, 32: 2357–2376.
    ( equal contribution, * corresponding author )

  18. Abrahamsson T, Cathala L, Matsui K, Shigemoto R, Digregorio DA (2012) Thin dendrites of cerebellar interneurons confer sublinear synaptic integration and a gradient of short-term plasticity.
    Neuron, 73: 1159–1172.

  19. Parajuli L, Nakajima C, Kulik A, Matsui K, Schneider T, Shigemoto R, Fukazawa Y (2012) Quantitative regional and ultrastructural localization of the Cav2.3 subunit of R-type calcium channels in mouse brain.
    Journal of Neuroscience, 32: 13555–13567.

  20. Sumegi M, Fukazawa Y, Matsui K, Lorincz A, Eyre MD, Nusser Z, Shigemoto R (2012) Virus-mediated swapping of zolpidem-insensitive with zolpidem-sensitive GABAA receptors in cortical pyramidal cells.
    Journal of Physiology, 590: 1517–1534.

  21. Tarusawa E, Matsui K*, Budisantoso T, Molnár E, Watanabe M, Matsui M, Fukazawa Y*, Shigemoto R (2009) Input-specific intrasynaptic arrangements of ionotropic glutamate receptors and their impact on postsynaptic responses.
    Journal of Neuroscience, 29: 12896–12908.
    (* corresponding authors ) (Reviewed in "Faculty of 1000" )

  22. Jiang Y, Nishizawa Horimoto N, Imura K, Okamoto H, Matsui K, Shigemoto R (2009) Bioimaging with two-photon-induces luminescence from triangular nanoplates and nanoparticle aggregates of gold.
    Advanced Materials, 21: 2309–2313.

  23. Matsui K*, Jahr CE, Rubio ME (2005) High concentration rapid transients of glutamate mediate neural-glial communication via ectopic release.
    Journal of Neuroscience, 25: 7538–7547.
    (* corresponding author )

  24. Matsui K, Jahr CE (2004) Differential control of synaptic and ectopic vesicular release of glutamate.
    Journal of Neuroscience, 24: 8932–8939.
    (Introduced in "This week in the journal" )

  25. Matsui K, Jahr CE (2003) Ectopic release of synaptic vesicles.
    Neuron, 40: 1173–1183.

  26. Matsui K, Hasegawa J, Tachibana M (2001) Modulation of excitatory synaptic transmission by GABAC receptor-mediated feedback in the mouse inner retina.
    Journal of Neurophysiology, 86: 2285–2298.

  27. Matsui K, Hosoi N, Tachibana M (1999) Active role of glutamate uptake in the synaptic transmission from retinal nonspiking neurons.
    Journal of Neuroscience, 19: 6755–6766.

  28. Matsui K, Hosoi N, Tachibana M (1998) Excitatory synaptic transmission in the inner retina: paired recordings of bipolar cells and neurons of the ganglion cell layer.
    Journal of Neuroscience, 18: 4500–4510.

  29. Sakaba T, Tachibana M, Matsui K, Minami N (1997) Two components of transmitter release in retinal bipolar cells: exocytosis and mobilization of synaptic vesicles.
    Neuroscience Research, 27: 357–370.


総説

  1. 松井 広、田中謙二/編 (2019) 脳の半分を占める グリア細胞:脳と心と体をつなぐ"膠". 実験医学増刊, Vol. 37, No. 17.

  2. 松井 広、田中謙二 (2019) 序にかえて-にかわ脳-Glue Brain Project-. 実験医学増刊, Vol. 37, No. 17: 3-7.

  3. 森澤陽介、松井 広、小泉修一 (2019) グリア細胞による貪食を介した脳内リモデリング. 実験医学増刊, Vol. 37, No. 17: 65-72.

  4. 別府 薫、松井 広 (2019) アストロサイト活動光操作による脳機能制御. 実験医学増刊, Vol. 37, No. 17: 136-143.

  5. 常松 友美、松井 広 (2019) 睡眠覚醒のスイッチ. Clinical Neuroscience, 37: 793-797.

  6. 常松 友美、森澤 陽介、松井 広 (2018) 睡眠の光操作とグリア細胞機能の役割. Clinical Neuroscience, 36: 925-928.

  7. 松井 広 (2018) 脳機能の組織学的解析. 基礎心理学実験法ハンドブック, 6.14.1: 478-479.

  8. 松井 広 (2016) 脳内情報処理を担うpHの役割:アストロサイト光操作法を用いた新展開. 日薬理誌, 148: 64-68.
    Matsui K (2016) Cytosolic pH as a messenger signal used in brain information processing. Folia Pharmacologica Japonica, 148: 64-68.

  9. 松井 広 (2016) 神経科学を越えた光遺伝学の応用可能性. 日本レーザー医学誌, 36: 473-477.
    Matsui K (2016) Extending the use of optogenetics beyond neuroscience.The Journal of Japan Society for Laser Surgery and Medicine, 36: 473-477.

  10. 松井 広 (2015) イオン濃度操作ツールとしてのオプトジェネティクス. 実験医学, 33: 3074-3078.
    Matsui K (2015) Optogenetics as a tool for manipulating ion concentration. Jikkenigaku, 33: 3074-3078.

  11. Ko Matsui (2015) Chapter 22. Casting Light on the Role of Glial Cells in Brain Function. in "Optogenetics: Light-sensing proteins and their applications.", (Springer): 315-327. (DOI 10.1007/978-4-431-55516-2)

  12. 別府 薫、松井 広 (2014) 光遺伝学のグリア細胞への応用と新知見. 日本臨牀, 72: 2243-2249.
    Beppu K, Matsui K (2014) Novel function of astrocytes revealed by optogenetics Japanese Journal of Clinical Medicine, 72: 2243-2249.

  13. 松井 広 (2014) グリア機能の光制御から見えてきた脳科学研究の新しい地平. 細胞工学, 33: 275-280.
    Matsui K (2014) A new horizon of brain research emerges through optogenetic manipulation of glial activity Saiboukougaku, 33: 275-280.

  14. 松井 広 (2013) 心に占めるグリア細胞の役割-光操作技術のもたらすパラダイム・シフト. 実験医学, 31: 1712-1717.
    Matsui K (2013) In search for our mind through neuron-glia interactions using optoelectrophysiology Jikkenigaku, 31: 1712-1717.

  15. 松井 広 (2013) マウスの心の光操作-脳細胞活動と心の機能の因果関係を探る. BRAIN and NERVE, 65: 609-621.
    Matsui K (2013) Mind control with optogenetic mice: exploring the causal relationships between brain activity and the mind.
    BRAIN and NERVE, 65: 609-621.

  16. 松井 広 (2013) 視床:単なる中継核ではない‐生理学的基礎. Clinical Neuroscience, 31: 24–26.

  17. 松井 広 (2013) 脳におけるグリアの役割を光で探る. 「オプトジェネティクス-光工学と遺伝学による行動抑制技術の最前線」(株式会社エヌ・ティーエス): 191–203.

  18. 松井 広、田中謙二 (2012) 生きたままのマウスの脳細胞を光で操作する技術の開発. OplusE, 34: 1085–1090.

  19. 深澤有吾, 足澤悦子, 松井 広, 重本隆一 (2008) グルタミン酸受容体のシナプス内分布とその生理的意義. 蛋白質核酸酵素, 53: 435–441.

  20. Matsui K, von Gersdorff H (2006) The great escape of glutamate from the depth of presynaptic invaginations.
    Neuron, 50: 669–671.

  21. Matsui K, Jahr CE (2006) Exocytosis unbound.
    Current Opinion in Neurobiology, 16: 305–311.

  22. 松井 広、細井延武、立花政夫 (2000) 網膜におけるペアレコーディング. 日本生理学雑誌, 62: 279–281.

  23. 松井 広 (2000) 網膜における興奮性シナプス伝達:双極細胞と神経節細胞からの同時記録による解析. 日本生理学雑誌, 62: 137–138.


招待講演

  1. Ko Matsui
    Multimodal expression and control of brain information.
    The 2nd FRIS-TFC Joint Symposium "Unlocking the Brain - from Engineering Approaches"、TOKYO ELECTRON House of Creativity、2019年01月21日

  2. 松井 広
    グリア細胞の光操作で探る脳の機能と心の成り立ち.
    第23回グリア研究会、ミッドランドスクエア(愛知県・名古屋)、2018年12月01日

  3. Ko Matsui
    Glial control of neuronal information processing.
    Tohoku University - UCL Neuroscience meeting、Jeremy Bentham room, UCL, UK、2018年10月11日

  4. Ko Matsui
    Glial control of neuronal information processing.
    Japanese-German YoungGlia collaborative meeting for mutual research exchange、Prof. Christine Rose’s lab, Düsseldorf, Germany、2018年10月08日

  5. Ko Matsui
    Glial control of neuronal information processing.
    Japanese-German YoungGlia collaborative meeting for mutual research exchange、Speyer, Germany、2018年10月01日

  6. 松井 広
    Cross talk between metabolism and information processing.
    第3回 感性・身体性センシング技術分科会、一般社団法人 電子情報技術産業協会、2018年09月14日

  7. Ko Matsui
    Glial manipulation of fear and memory.
    第10回光操作研究会・第2回脳情報動態合同国際シンポジウム、東京大学 鉄門記念講堂、2018年07月05日

  8. 松井 広
    オプトジェネティクスによる神経発振制御とグリア細胞の役割.
    第15回てんかん包括医療東北研究会、フォレスト仙台、2018年05月19日

  9. 松井 広
    光操作による脳と心の機能連関の解明.
    第86回 日本心身医学会 東北地方会、東北大学 星陵会館2階 星陵オーディトリウム、2018年02月24日

  10. 松井 広
    脳とこころの光操作 -神経とグリアをつなぐ超回路の機能-.
    第229回 生命科学フォーラム、日本記者クラブ(東京都 日本プレスセンタービル)、2017年11月27日

  11. 松井 広
    グリア細胞による神経系発振ステート制御機構の解明.
    てんかん・グリア・ミニシンポジウム(招待、池田昭夫教授)、京都大学 大学院医学系研究科 てんかん・運動異常生理学講座、2017年11月20日

  12. 松井 広
    プラトンの洞窟からの脱出:オプトジェネティクスの光と影.
    日本神経化学会 第10回若手育成セミナー、仙台国際センター、2017年09月07日

  13. Ko Matsui
    Functional engineering of astrocytes and mind.
    脳情報通信融合研究センター CiNet Monthly Seminar 2017 #6
    中野珠実准教授(北澤グループ)による招待)
    、大阪大学・脳情報通信融合研究センター、2017年04月14日

  14. Ko Matsui
    Optogenetic Control of Astrocytes and Mind.
    Gordon Research Conferences「Glial Biology: Functional Interactions Among Glia & Neurons」、Ventura, CA, USA、2017年03月09日

  15. Ko Matsui
    Neural signal modulation by astrocyte activity.
    第三回 Neuroscience Network in Kobe シンポジウム「グリア細胞の生理と病理 ~脳機能変化と精神・神経疾患~」、神戸大学大学院医学研究科・神緑会館・多目的ホール、2017年02月17日

  16. Ko Matsui
    Functional editing of brain function via glial control.
    JSPS Core-to-Core Program & OIST Joint Symposium "Nanoscopic Synaptic Functions"(Organizer:Takeshi Sakaba, Doshisha University)、沖縄科学技術大学院大学・OIST Main Campus, Seminar Room C209、2016年09月25日-27日

  17. 松井 広
    精神は機能だ.
    伊香保BSの会(第5回・群馬大学若手研究推進のための学術集会)(代表:群馬大学・高鶴裕介)、群馬大学刀城会館・群馬、2016年09月13日

  18. 松井 広
    光遺伝学による脳虚血神経障害発生メカニズムの解明.
    日本酸化ストレス学会「低酸素応答とチャネル制御」(オーガナイザー:東北大学・鈴木教郎)、仙台国際センター・宮城、2016年08月31日

  19. 松井 広
    グリア光操作による脳虚血ダメージの軽減.
    生体機能と創薬シンポジウム「疾患とグリア細胞ー創薬を目指して」(オーガナイザー:東京大学・池谷裕二)、東北大学川内北キャンパス・宮城、2016年08月25日

  20. 松井 広
    神経信号のグリア増幅回路の光制御.
    公益財団法人千里ライフサイエンスセミナー「光遺伝学による脳・生物学研究最前線」(コーディネーター、名古屋大学・山中章弘、慶應義塾大学・田中謙二)、千里ライフサイエンスセンタービル・大阪、2016年02月26日
    URL

  21. 松井 広
    アストロサイトによる神経信号の増幅機能と暴走過程の解明.
    Neurovascular Unit 研究会 2016(世話人代表・鈴木則宏)、慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス・東京、2016年01月23日

  22. 松井 広
    グリア機能の光操作による脳病態機構の解明.
    筋委縮性側索硬化症(ALS)新規治療法開発をめざした病態解明・平成27年度ワークショップ(研究代表者、東北大学・青木正志)、都市センターホテル・東京、2015年09月25日

  23. 松井 広
    ポスト神経至上主義:グリア光操作による新たな展開.
    第27回蔵王カンファレンス(山形大学医学部薬理学講座主催、石井邦明代表)、蔵王四季のホテル・山形、2015年01月30日

  24. 松井 広
    「神経」科学からの脱出:グリア光操作技術による統合脳科学への挑戦.
    立命館大学視覚科学統合研究センターセミナー(小池千恵子招待)、立命館大学・滋賀、2014年12月17日
    URL

  25. 松井 広
    光操作でグリア暴走を止める.
    第35回日本レーザー医学会総会「オプトジェネティクス(光遺伝学)による新しい細胞機能制御」シンポジウム、京王プラザホテル・東京、2014年11月30日

  26. Ko Matsui
    Glial glutamate release and its role in neuronal information.
    NIH-Japan-JSPS Symposium -Highlights from the frontier of biomedical science from NIH and Japan、NIH, Bethesda, MD、2014年10月24日
    http://wals.od.nih.gov/us-japan/

  27. 松井 広
    脳虚血神経障害発生メカニズムの解明と光制御の可能性.
    公益財団法人アステラス病態代謝研究会 第45回研究報告会、日本工業倶楽部会・東京、2014年10月18日
    優秀発表賞受賞

  28. Ko Matsui
    Glial control of behavior and brain damage.
    Glial Heterogeneity Meeting (Frank Kirchhoff, Christine Rose 代表)、Düsseldorf、2014年10月13日
    http://www.glia-network.de/

  29. Ko Matsui
    Active role of glia in neuronal circuit modulation and rampant glial signals in pathology.
    独立行政法人情報通信研究機構・脳情報通信融合研究センターCiNet Friday Lunch Seminar、大阪、2014年09月26日
    http://cinet.jp/event/20140722_256/

  30. 松井 広
    光で操作するグリア細胞活動.
    創薬薬理フォーラム第22回シンポジウム「中枢神経疾患とグリア」、日本薬学会長井記念館・東京、2014年09月25日

  31. 松井 広
    プラトンの洞窟からの脱出:オプトジェネティクスの光と影.
    第1回グリアアセンブリ若手の会(小泉修一・田中謙二・加藤隆弘世話人)、仁和寺・京都、2014年08月07日

  32. 松井 広
    グリア光制御による脳神経細胞死防御.
    第119回日本解剖学会総会・シンポジウム「グリア研究の最前線」(植木孝俊・竹林浩秀代表)、自治医科大学・栃木、2014年03月29日

  33. Matsui K
    Optogenic relief of ischemic brain damage.
    公益財団法人 光科学技術研究振興財団「15th Conference of Peace through Mind/Brain Science(光科学技術で拓く脳・精神科学平和探究研究会)」にて招待講演、浜松、2014年02月20日
    http://www.refost-hq.jp/kenkyukai.html

  34. 松井 広
    神経-グリアネットワークの機能と破綻.
    生理学研究所研究会「グローバルネットワークによる脳情報処理」(田中真樹代表)、生理学研究所・愛知、2014年01月11日

  35. Matsui K
    Source and effect of glutamate liberate into the extracellular space.
    韓国科学技術研究院(Korea Institute of Science and Technology; KIST)Functional Connectomics Seminar(田中敬子招待)、ソウル、2013年12月18日
    https://sites.google.com/site/tanakayamamotolab/home

  36. Matsui K
    Proton triggered glial glutamate release underlies excitotoxicity upon ischemia.
    2013 JSPS Core-to-Core Program Symposium "Mechanisms of Synaptic Transmission"(国際会議;高橋智幸代表)、同志社大学京田辺キャンパス、2013年12月05日
    http://brainscience.doshisha.ac.jp/attach/news/BRAINSCIENCE-NEWS-JA-8/13434/file/Core-to-CoreProgram.pdf

  37. 松井 広
    脳と心の光操作.
    第3回オプトジェネティクス講習会(八尾寛代表)、仙台、2013年10月05日
    URL

  38. Matsui K
    Optogenetics for rescue.
    第5回光操作研究会(国際会議 Optogenetics 2013;田中謙二代表)、慶応大学三田キャンパス、2013年09月27日
    http://keioect.web.fc2.com/keioect/2013optosympo_jp.html

  39. Matsui K
    Optogenetic control of glial cell activity.
    XI European Meeting on Glial Cells in Health and Disease, Workshop I "Imaging glial activity" (Frank Kirchhoff, Hajime Hirase 代表)、Berlin、2013年07月03日
    http://berlin2013.gliameeting.eu/

  40. Matsui K
    Optogenetic analysis of the role of glial cells in cerebellar circuit.
    日本神経科学会大会・サテライトシンポジウム「小脳の神経科学-分子生物学から認知科学まで(永雄総一先生退官記念)」、京都、2013年06月22日
    http://www.neuro2013.org/satellite/

  41. 松井 広
    脳と行動の光操作.
    日本神経科学会大会・ランチョンセミナー(オリンパス)、京都、2013年06月21日

  42. Matsui K
    Unveiling brain intercellular communication with optoelectrophysiology and simulations.
    理研BSIフォーラム(豊泉太郎招待)、埼玉、2013年4月25日
    http://www.brain.riken.jp/jp/events/details/1004

  43. Matsui K
    Exploring the causal relationship between glial activity and mind.
    日本生理学会大会・シンポジウム「神経回路におけるグリア細胞の新規機能」(鍋倉淳一・和氣弘明代表)、東京、2013年03年29日
    http://seiri90.umin.jp/symposium.html

  44. Matsui K
    Building of brain function through intercellular communication.
    Systems Neurobiology Spring School(石井信代表)、大阪、2013年3月10日
    http://hawaii.sys.i.kyoto-u.ac.jp/SNSS/SNSS2013/

  45. Matsui K
    Optogenetic control of glia and mind.
    国際高等研 「ゲノム光学とイメージングサイエンスに基づく生命システム研究の新展開」(川上浩一代表)、京都、2013年2月22日
    http://www.iias.or.jp/research/project/2012_09.html

  46. 松井 広
    心の光操作:脳回路の働きを解き明かす新手法.
    東北大学創生応用医学研究センター「第9回脳神経科学コアセンターセミナー」(大隅典子招待)、仙台、2012年11月13日
    URL

  47. 松井 広
    グリア光刺激を介した神経活動・行動の制御.
    第4回光操作研究会、岡崎、2012年9月28日
    http://www.nips.ac.jp/~amane/optical2012/

  48. 松井 広
    形態と機能:視覚情報処理能力を決めるシナプス微細構造.
    東京大学大学院人文社会系研究科心理学研究室セミナー、東京、2011年6月2日
    http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/2177.html

  49. 松井 広
    ニューロンからグリア細胞への情報伝達:シナプス小胞の異所放出の役割.
    生理学研究所所長招聘セミナー、岡崎、2005年7月29日
    URL

  50. 松井 広
    ニューロンからグリア細胞への情報伝達:シナプス小胞の異所放出の役割.
    特定領域研究「グリア・ニューロン回路網」ワークショップ、熱海、2005年7月

  51. 松井 広
    シナプス小胞の異所放出とニューロン・グリア間の情報伝達.
    産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門セミナー(茂里康招待)、大阪、2004年9月

  52. 松井 広
    シナプス小胞の異所放出とニューロン・グリア間の情報伝達.
    東京大学理学部生物情報科学セミナー(黒田真也招待)、東京、2004年9月

  53. 松井 広
    中枢神経におけるシナプス小胞の異所放出.
    東京女子医科大学乳児行動発達学講座(小西行郎招待)、東京、2003年5月

  54. Matsui K
    Active role of glutamate uptake in synaptic transmission.
    University of Washington seminar (invited by Fred Rieke), Seattle, 1999年8月

  55. Matsui K
    Active role of glutamate uptake in synaptic transmission.
    Vollum Institute seminar (invited by Henrique von Gersdorff), Portland, 1999年8月

  56. Matsui K
    Active role of glutamate uptake in synaptic transmission.
    University of California San Francisco seminar (invited by David Copenhagen), San Francisco, 1999年8月

  57. Matsui K
    Active role of glutamate uptake in synaptic transmission.
    Johns Hopkins University seminar (invited by King-Wai Yau), Baltimore, 1999年8月

シンポジウム主催

2017年10月21日(土)~22日(日)

光操作研究会2017@東北大学
東北大学医学部星陵キャンパス
星陵オーディトリウム(講堂・エントランスホール・大会議場)
光操作研究会@東北大学2017
【口頭発表】・Yuanyuan Guo、・Tomomi Tsunematsu、・Ko Matsui
【ポスター発表】・Soojin Kwon


2016年07月22日 松井

第39回 日本神経科学会大会(パシフィコ横浜) 公募シンポジウムの企画。
S3-F-2 神経科学のポストモダン:ニューロンドグマの脱構築
Postmodern neuroscience: Deconstruction of the neuron central dogma
(座長:神戸大学・和氣弘明、東北大学・松井広)14:00-16:00
「アストロサイト機能操作による脳病態制御の可能性(Possibility of pathology control via manipulation of astrocyte function)」(18+4分)


2016年03月29日 松井

日本薬学会 第136年会「特定細胞ネットワーク活性制御/検出技術による脳疾患解析の新展開」シンポジウム(オーガナイザー;葛巻直子、松井広)にて口頭発表(横浜)。「グリア細胞による神経信号増幅機能の解明(Mechanisms of glial amplification of neuronal signals)」(25+5分)。
http://nenkai.pharm.or.jp/136/web/


2015年07月21日(火)-27日(月)

東北大学 知のフォーラム「脳科学最前線」7月イベント ~技術~
脳の全配線図を描きだし、細胞活動と遺伝子発現を自在に操作できる時代がやってきました。最新技術を活かして、脳というただの物質になぜ心が宿るのか、脳科学究極の問いに挑戦します。
公式版ホームページ

非公式案内ページ


2014年08月18日(月)-25日(月)

光操作研究会+技術検討会 in 東北大学 2014
今年は、例年とは一味異なり、オプトジェネティクスといった光で細胞機能を操作する技術に加えて、コネクトミクスなどの形態学的に脳回路を同定していく試みに関する研究会に致しました。また、コアになるシンポジウム(8月21日22日)を挟んで、<形>、<光1>、<光2>の三つのワークショップを開催しました。総勢138名にご参加いただき、誠に有難うございました。



講義

2018年09月11日 松井

東北大学大学院生命科学研究科・先端脳生命統御科学特論II
「網膜と視覚路」「シナプス伝達と視覚機能」13:00-15:30
東北大学片平キャンパス 生命科学プロジェクト総合研究棟1F講義室A


2018年06月14日 松井

東北大学大学院・細胞生物学合同講義プログラム
「脳細胞間の信号伝達」13:00-16:00(3時間)
東北大学片平キャンパス 生命科学プロジェクト総合研究棟1F講義室A
レポート課題


2018年05月17日 松井

東北大学大学院医学系研究科/医科学・公衆衛生学専攻・修士課程
基礎医学III 「グリア機能が照らし出す脳科学新機軸」(90分)
東北大学医学部臨床中講堂(臨床講義棟2階) 08:50-10:20


2018年04月26日 松井

東北大学大学院生命科学研究科・前期課程
共通科目C「脳生命統御科学概論」「超回路脳機能概論」(50分)
「グリア機能を光で操り、こころの源を探る」
生命科学プロジェクト研究等1階講義室 14:10-15:00


2017年09月29日 松井

名古屋大学大学院医学系研究科・ニューロサイエンスコース講義
(招待、統合生理学分野・中村和弘教授)
「グリア・オプトジェネティクスによる脳と心の機能操作」
(90分)17:00-18:30


2017年08月28日 松井

山梨大学・先端脳科学特別教育プログラム・セミナー
山梨大学医学部生化学講座第一教室・大塚稔久教授による招待)
「グリア細胞の担う脳内情報処理」(17:00-18:00, 50+10分)


2017年06月29日 松井

東北大学大学院・細胞生物学合同講義プログラム
「脳細胞間の信号伝達」13:00-16:00(3時間)
東北大学片平キャンパス 生命科学プロジェクト総合研究棟1F講義室
レポート課題


2017年06月09日(金) 松井

鹿児島大学医学部医学科2年生「生理学系統講義・特別講義」
(大学院医歯学総合研究科・統合分子生理学分野・桑木共之教授による招待)
「脳と心の光操作」(90分) 09:00-10:30


2017年06月08日(木) 松井

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・大学院セミナー
(大学院医歯学総合研究科・統合分子生理学分野・桑木共之教授による招待)
「グリア機能の光操作と心の起源の探索」16:20-17:50(90分)


2017年05月18日 松井

東北大学大学院医学系研究科/医科学・公衆衛生学専攻・修士課程
基礎医学III 「グリア機能が照らし出す脳科学新機軸」(90分)
東北大学医学部臨床中講堂(臨床講義棟2階) 08:50-10:20


2017年05月16日 松井

東京大学大学院医学系研究科・大学院講義「神経科学入門」
(神経生化学分野・尾藤晴彦教授による招待)
「神経細胞間シナプス伝達機構とグリア修飾機能」(105分)
14:55-16:40


2017年04月20日 松井

東北大学大学院生命科学研究科・前期課程
共通科目B「生命機能科学特論」「超回路脳機能概論」(50分)
生命科学プロジェクト研究等1階講義室 16:10-17:00


2016年12月15日 松井

東北大学医学部1年生講義(医学基礎生物学)。
「生理学:細胞間信号伝達」(3時間)。
東北大学医学部6号館1階講義室 08:50-12-10
20161215-医学基礎生物学講義(松井)問題集.pdf
20161215-医学基礎生物学講義(松井)問題集+解説.pdf


2016年05月19日 松井

東北大学大学院医学系研究科/医科学・公衆衛生学専攻修士課程
基礎医学III 「グリア機能が照らし出す脳科学新機軸」(90分)
東北大学医学部臨床中講堂(臨床講義棟2階) 08:50-10:20


2016年01月29日 松井

福井大学・大学院医学系研究科(招待、脳形態機能学領域・深澤有吾)。大学院セミナー「アストロサイトによる神経信号のアナログ変調のメカニズム」。


2016年01月29日 松井

福井大学・医学部(招待、脳形態機能学領域・深澤有吾)。医学部医学科2年生講義「光で操る脳と心」。


2016年01月26日 松井

東京医科歯科大学・大学院特別講義(招待、分子神経科学分野・田中光一、大学院講義室M&Dタワー)。「神経科学のポストモダン:グリア光操作のもたらす新しい地平」(90分)。


2015年12月10日 松井

東北大学医学部1年生講義(医学基礎生物学)。
「受容体、エキソサイトーシス、シナプス」(3時間)。
東北大学医学部6号館1階講義室 08:50-12:10
20151210-医学基礎生物学講義(松井)問題集.pdf
20151210-医学基礎生物学講義(松井)問題集+解説.pdf


2014年12月11日 松井

東北大学医学部1年生講義(医学基礎生物学)。
「受容体、エキソサイトーシス、シナプス」(3時間)。
東北大学医学部6号館1階講義室 08:50-12:10
20141211-医学基礎生物学講義(松井)問題集.pdf
20141211-医学基礎生物学講義(松井)問題集+解説.pdf


2013年12月16日 松井

東北大学医学部4年生講義(臨床実習前特別講義)。「光で操作する脳機能:神経とグリア間の信号伝達交錯過程を探る」(1時間)。


2013年12月12日 松井

東北大学医学部1年生講義(医学基礎生物学)。
「受容体、エキソサイトーシス、シナプス」(3時間)。
20131212-医学基礎生物学講義(松井)問題集.pdf
20131212-医学基礎生物学講義(松井)問題集+解説.pdf


2013年10月24日 松井

東北大学大学院医学系研究科・第6回研究推進・研究倫理ゼミ講師。「光操作技術を用いた脳研究」(90+30分)。
http://www.gs-medsci.med.tohoku.ac.jp/seminar-b/2013-11-18/


2013年09月25日 松井

東北大学医学部・科研費説明会(教室委員会・企画室共催)にて口頭発表。「若手研究者の研究獲得戦略」(30分)。